アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ためしてガッテン 現代病!手首の痛み炎症 17/9/13放送

こんにちは!アップルティです。

NHKで放送中の「ためしてガッテン」をまとめました。

 

新・現代病!手首の炎症

元々、手首の炎症はピアニストや工場の労働者、料理人など手を酷使する人の病気でした。

ところが今は老若男女、ごく普通の人達が手首の痛みで悩んでいる方が多いそうです。

利き手で物を握ったりすると強い痛みが走る方や、両手の手首に痛みが走る方もいらっしゃいました。

皆さん最初は何故、手首に痛みが走るのか分からなかったそうです。

 

手首の痛みの原因

携帯電話などが原因で20年前から手首の痛みを訴える人が増えています。

スマホ、パソコン、ゲーム等の電子機器による手首の炎症を海外では「スマートフォンサム」と呼んでいます。
サムとは親指のことです。

 

スマホを親指で画面上を滑らせたり、はじいたりする操作(フリック入力)が親指に大きな負担となっています。

 

パソコンもキーボードを打つ動作が親指に負担を掛けています。

 

親指と手首の仕組み

親指を使うと何故、手首が痛くなるのかを説明していきます。

物を掴むことが出来るのは親指の付け根にある筋肉です。

この筋肉が腱(けん)を掴んで引っ張っることで親指が曲がり人間は物を掴むことができます。

f:id:apple03m:20170914081115j:image

f:id:apple03m:20170914081128j:image

物を離す時の筋肉は手首の方にあります。

f:id:apple03m:20170914081149j:image
元々、人間の親指は掴むことを重要視していて離す筋肉は掴む筋肉に比べて必要性が低かったため、あまり発達していません。

手首の方にある腱は腱をまとめる鞘(さや)が付いています。

f:id:apple03m:20170914081223j:image

f:id:apple03m:20170914081238j:image

親指を離す動作を何度もやっていると鞘が腱と擦れて炎症を起こします。

これが腱鞘炎です。


腱鞘炎になりやすい人とは

ガッテンスタッフ9人の手首を調べたところ1人は鞘の中を2種類の腱が通っています。

 f:id:apple03m:20170914122245j:image

もう1人の方は鞘の真ん中に壁があり2つに分かれていました。

f:id:apple03m:20170914122257j:image

真ん中に壁があると鞘の中が狭くなり、炎症を起こしやすくなります。

皆さん形がバラバラで9人中4人がトンネルが2つの鞘を持っていました。


2つの鞘の人は、そんなに親指を使っていなくても腱鞘炎になりやすいそうです。

 

スマホユーザーも必見!親指の使いすぎを防ぐ方法

腱鞘炎チェック方法

親指を曲げる→他の4本で指を握る→小指側に曲げる(傾ける)
(強い痛みが出たら直ぐ中止してください。)

強く痛みが出た人(手首が曲がらないくらい)は手首の腱鞘炎の可能性があります。

異常がない人でも引きつる感じはあるそうです。

手首に異常を感じたらスマホを使う時は親指だけでなく人差し指も使うようにしましょう。

 

パソコンの場合は手首の下にタオルを重ねたクッションを置きます。
親指が下を向くので腱の緊張が少なくてすみます。

f:id:apple03m:20170914122447j:image

 

 子育て中のお母さんも要注意

赤ちゃんを抱っこしている時に親指を大きく開くと手首の筋肉に大きな負担が掛かります。

手首側の筋肉に大きな負担が掛かります。
また出産前後はホルモンバランスの変化が原因で炎症が治りにくいと考えられています。

更年期の女性もホルモンバランスの変化が原因で腱鞘炎を起こしやすいと考えられています。

 

腱鞘炎の治し方

腱鞘炎は筋肉の痛みではないので揉むと悪化してしまう可能性もあるので揉むのではなく、少し休めて下さい。

痛みがひどいときは整形外科を受診しましょう。


スマホで腱鞘炎になるなんて驚きですよね。
主も仕事で一日中パソコンを使い、家ではスマホを使っているので、これからはなるべくスマホを使う時は人差し指も使いたいと思います。

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。