アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ガッテン!痛みは脳から⁉︎慢性痛を治す方法は側坐核を刺激する

こんにちは!アップルティです。

NHKで放送中のガッテンをまとめました。(2018/5/9放送)


痛みを“脳”で克服!“慢性痛”治療革命!

体のさまざまな痛みの根本原因を最新治療でスッキリ解決します!


なぜ痛い?なぜ長引く?原因が分からない長引く痛み、慢性痛とは
  • 理由はないのに体が痛む。
  • 薬を飲んだりマッサージをしても、なぜか痛みがぶり返す。

こうした痛みが3ヶ月続く場合は慢性痛です。
また真面目な性格の方が慢性痛になりやすいそうです。
昨今、痛みで仕事を休んだり辞める人が増加し社会的な問題になっています。


原因は脳にあった!長引く痛みの最新報告

脳には痛みを和らげる場所、側坐核(そくざかく)があることが最近の研究で明らかになりました。
側坐核があるのは脳の中心近くです。痛みの信号が脳に伝わると、側坐核から痛みを和らげる物質を放出して痛みを抑えてくれるそうです。

f:id:apple03m:20180509214554j:image
側坐核を利用することが出来れば多くの人の慢性痛を治すことに繋がるそうです。


側坐核を刺激する認知行動療法とは

世界中の痛みの治療として実践されていて今、慢性痛に効く最も効果的な手段とされています。

f:id:apple03m:20180509214853j:image
こちらは治療によって目指したい目標を自分で決めるものです。
ポイントは簡単にはクリア出来ない大きな目標と少し頑張ればクリア出来そうな小さな目標を設定します。


大きな目標をクリアする為に小さな目標をクリアすることで側坐核を刺激し、痛みが改善されます。刺激を繰り返すことで側坐核が活発になってくれます。


慢性痛のメカニズム

痛みを感じる時は脳の中の扁桃体が活発に働きます。
痛みが長続きすると扁桃体が異常な興奮状態に陥り、痛みの信号が来なくなっても、ずっと興奮し続けてしまいます。
この扁桃体を静めてくれるのが側坐核です。扁桃体に働きかけている側坐核が弱い状態になってるのが慢性痛です。

f:id:apple03m:20180509215004j:image


側坐核の喜ばせ方
  • 趣味を持つ

得意なことや好きなことは痛みがあっても取り組みやすいです。

  • 目標を持つ

目標を達成すると喜びが生まれます。


出来た!という達成感があると側坐核が活性化しやすいそうです。
また、痛みが少し減るだけでも側坐核は活性化します。

側坐核を活性化して痛みを長引かせない脳を作りましょう!

 

最後に

痛みが脳から来てるとは驚きですね。

確かに何かに夢中になっている時は、あまり痛みは感じませんね。慢性痛にならない為に、まず趣味を見つけたいと思います。