アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ためしてガッテン目の不快症状を軽減!楽に見えるメガネをかける

こんにちは!アップルティです。
NHKで放送中のためしてガッテンをまとめました。(2018/2/28放送)

 

あなたの目にベストマッチ!「幸せメガネ」

ひと昔前はメガネは遠くが見れれば良かったのですが、現在はスマホやパソコンの普及でメガネを掛けた状態で近くを見る事が増えました。このことにより、従来の視力検査では自分に合った適切なメガネは作れないそうです。

目のしくみから詳しく説明していきます。

 

普通の視力検査

遠くを見る時は毛様体筋が水晶体を引っ張り薄くすることでピントを合わせています。
毛様体筋が限界まで力を振り絞ったときにどこまで見えるか、この検査で分かるのが視力です。
つまり無理した視力です。

 

暗闇での視力検査

暗闇で一瞬だけライトを照らす方法で視力検査をします。
暗い所で視力検査をすると毛様体筋がリラックスしている状態で行えます。
つまり楽な視力です。

 

メガネの仕組み

毛様体筋の力を借りずにレンズのおかげで遠くを見るように出来ているのがメガネです。

問題なのがスマホや本を読む時など近くで行う作業をする時、毛様体筋は水晶体を厚くすることでピントを合わせます。
つまりメガネは楽に見える距離が遠くで近くを見るとき負担が大きくなる可能性があるんです。

このピントを合わせている毛様体筋が疲れると頭痛、疲れ目、肩こりの原因になるそうです。

 

楽に見える距離

楽に見える距離は人それぞれです。
問題が起きやすいのは楽に見える距離が遠い人です。
楽な距離が遠いほど近くを見る時に毛様体筋が頑張る必要があり、大きな負担となります。

 

調節機能解析装置

 f:id:apple03m:20180228223856j:image

今、日本には500台前後あります。

これは、どれだけ毛様体筋が頑張っているかが見える装置です。
つまり毛様体筋にストレスのない近視の度数が把握出来ます。

測定方法
この機械を覗くだけです。
片方の目につき8段階の測定を行います。

f:id:apple03m:20180228223509j:image
1番左は遠くを見たときで、そこから8段階、様々な距離を見たときの目の負担を表しています。
赤くなっているとこらが負担が大きいところで、緑のところは楽にピント調節が出来ているということです。

短時間ならばメガネを外しても掛けている状態と同じ測定結果になります。

 

眼科に行き調節機能解析装置で検査をしてもらうとメガネの処方箋を貰えるので処方箋を持ってメガネ屋に行くとそれをもとにメガネを作ってくれます。

 

メガネを新しくする際に知っておきたいポイント
  • 眼科医の問診時に目の症状を出来るだけ具体的に伝えてください。
  • 楽に見えるメガネにしたいと、お医者さんに伝えて下さい。
  • メガネの処方箋を書いてもらってください。

 

目の不快症状を軽減!医師がすすめる最適メガネ

境目の無い遠近両用レンズ

楽に見える範囲を広げることができます。
遠近両用は老眼だけでなく遠距離、近距離、室内でものを見るときに最適な中距離のメガネやデスクワークの目の疲れを軽減する近距離用もあります。

f:id:apple03m:20180228223710j:image

f:id:apple03m:20180228223717j:image

コンタクトでも遠近両用が増えているそうです。

 

まとめ

メガネをかけて長時間見る距離と毛様体筋が楽に見える距離を一致させることが大事です。
医師に相談して自分に合ったメガネをかけましょう。

 

自分もメガネを掛けているのですがパソコンやスマホを見ていると、かなり疲れます。
絶対に合っていないと思うので買い替えようと思います。