アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ソレダメ!夏バテ対策 17/8/16放送分

こんにちは!アップルティです。

テレビ東京放送中の「ソレダメ!」をまとめました。

 

夏バテ対策!
夏バテの原因は身体ではなく脳の疲れ⁉︎

 

疲れている時に元気を出そうとスタミナ料理の焼肉やうなぎを食べると逆効果!

消化に時間の掛かるものは脳に負担を与えてしまい逆効果です。
夏バテ解消には煮物やうどんが良いそうです。
脳の疲労回復にはコンビニサラダチキンが適しています。

f:id:apple03m:20170818232431j:image
鶏の胸肉には脳の疲労の予防、回復を高める成分が含まれていて脳の疲労回復に抜群の効果があります。


魚だとマグロが良いそうです。

 

朝のウォーキングは危険⁉︎

早起きした時は脳の自律神経自体が目覚めてない事が多いです。

脳が完全に目覚めていない段階でジョギングをすると心筋梗塞を起こす危険が増してしまいます。
また、脳が目覚める前の運動は血圧や心拍のコントロールにも悪影響のため朝、起きて直ぐはジョギングなどの運動は避けましょう。

脳を目覚めさせるためにはストレッチをするぐらいがベストです。
ベッドの中で1〜2分程下半身を中心にひねる、伸ばすなどの簡単な動きでOKです。

 

夏の脳の疲労を抑える効果のあるアイテムはサングラス

目から直接入る紫外線が最も脳の活動に影響して夏バテを引き起こしてしまいます。
紫外線対策の効果があるのは薄色のサングラスが良いです。
濃い色のサングラスは光を取り入れようと瞳孔が開いてしまう為NGです。

 

暑い日は冷たい飲み物を飲む

冷たい飲み物は身体の内側から熱を冷ます効果があり、脳が行う体温調整を助けます。

身体が熱くなっている時のクールダウンが目的です。
飲み過ぎてしまうと胃腸に悪いので気を付けましょう。

 

暑い日ぐっすり寝るための入浴方法

お風呂で汗をかくのは激しい運動をして汗をかくのと一緒で脳の自律神経を疲れさせてしまいます。

夏は38度くらいのシャワーで身体を流すくらいがいいでしょう。

 

快眠したいならクーラーを切らない

寝汗をかいている状態は脳が働いている証拠です。

睡眠中も脳が休めず疲れが残ってしまいます。
最悪の場合、夜間熱中症を起こしてしまうそうです。

 

冷房の温度設定
寝る前に寝室の温度をやや低め(25℃程度)にしておくのがポイントです。
寝る時は2℃(27℃程度)上げます。
質の良い睡眠で脳の疲労は回復します。

 

初耳情報ばかりでビックリしました。

上記のことを参考にして、夏を乗り切りたいです!

 

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。