アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ソレダメ!その調理、9割の栄養捨ててます 栄養を捨てない野菜の切り方

こんにちは!アップルティです。

テレビ東京で放送中の「ソレダメ」をまとめました。(2017/11/15放送)

 

累計15万部を突破!の話題の本「その調理、9割の栄養捨ててます!」から学ぶ栄養を捨てない野菜の切り方

野菜の切り方を変えるだけで栄養の吸収率が全然違うそうです。詳しく説明していきます。

 

いちごのヘタは手で取る!

いちごのビタミンCはヘタの下の白い部分に詰まっています。

白い部分は切り落とさずにヘタだけ取って食べましょう。

f:id:apple03m:20171118125937j:image

 

ナスは水に浸けない!

老化防止や美肌効果があると言われている栄養素ナスニンは水に溶けやすい性質のため水にさらさらないで使いましょう。

 

人参の栄養を捨てない切り方は乱切り

人参は風邪予防に必要なβカロテンを豊富に含んでます。

人参に含まれるβカロテンは部位によって含まれる量が違います。
βカロテンは皮に多く含まれているため皮ごと乱切りにするのが良いそうです。

 

人参は生で食べると栄養は8%しか摂れません。

そこでオススメの人参料理は「皮付き人参のオイル煮」

f:id:apple03m:20171118130123j:image
人参と油を一緒に食べるとβカロテンの吸収率は70%まで上がります。

作り方
鍋に人参・オリーブオイル・塩を入れ約20分間弱火で煮るだけです。

f:id:apple03m:20171118130147j:image

 

ピーマンの栄養を捨てない切り方は縦切り

ピーマンはビタミンCやβカロテンを豊富に含んでいます。

ピーマンの細胞は縦に並んでいるため縦に切ると中の栄養や成分を維持できます。
輪切りにすると栄養が出ていってしまいます。

f:id:apple03m:20171118130233j:image

f:id:apple03m:20171118130247j:image

ピーマンには血行を良くする効果があるピラジンが含まれています。
ピラジンはワタと種に豊富に含まれています。
ピラジンを逃さずに調理できるのが「ワタ付きピーマンの肉詰め」です。

肉がしっかりワタにくっ付いてくれて種も気にならないそうです。

f:id:apple03m:20171118130504j:image

 

ブロッコリーの栄養を捨てない切り方は切ってから茹でる。

ブロッコリーは肝機能を高め老化防止や美肌などの効果が期待されるスルフォラファンを摂ることが出来ます。

 

ブロッコリーは茹でる前に5分放置します。

ブロッコリーを切った直後はスルフォラファンはほとんどありません。
切った後5分程放置している間にスルフォラファンが作られます。

 

ニラの栄養を捨てない切り方は部位によって切り方を変える!

ニラは疲労回復に効果のあるアリシンが豊富に含まれています。

ニラの根元にアリシンが多く含まれていて葉先にはビタミン類が多く含まれています。

根元に含まれるアリシンは細かく刻むと酵素が働き吸収率がアップします。

f:id:apple03m:20171118130933j:image

ビタミン類が含まれる葉先は細かく刻むと調理中に流れて失われるためザク切りがオススメです。

f:id:apple03m:20171118130954j:image

ニラを使ったオススメ料理は「ニラレバ炒め」です。

f:id:apple03m:20171118131029j:image
根元をみじん切りにしたニラとレバーを一緒に食べるとレバーのビタミンB1の吸収率が10倍にアップします!

 

ゴボウの栄養を捨てない切り方は大きく切る

脂肪を溜まりにくくするクロロゲン酸が豊富に含まれています。

クロロゲン酸は水に溶けやすい性質があるため、ささがきにすると切り口の面積が大きくなりクロロゲン酸が調理中に溶けやすくなりクロロゲン酸が減ってしまいます。

ゴボウはぶつ切りにして頂きましょう。

 

最後に

今まで野菜の栄養を捨ててしまっていました。少し切り方を変えるだけで栄養の吸収率が全然違うんですね!凄く勉強になりました!