アップルティの晩ご飯日記

ここでは節約料理や晩ご飯、日常のお役立ち情報等を紹介したいと思っております。

ためしてガッテン ビタミンM葉酸を摂って認知症予防!

こんにちは!アップルティです。
NHKで放送中のためしてガッテンをまとめました。(2018/1/17放送分)

 

血管ボロボロ&認知症からカラダを守れ!“ビタミンM”徹底活用

ビタミンMとは「葉酸」のことです。

葉酸はDNAを作るときに欠かせまん。また妊娠前から妊娠初期はお腹の中にいる赤ちゃんのために葉酸の摂取が重要です。

葉酸を摂取することで健康な赤ちゃんが産まれるそうです。

最近の研究で、このビタミンMが認知症の予防になることが分かったそうです。

 

葉酸が含まれている主な食材

f:id:apple03m:20180117220153j:image

レバー、お茶、納豆、いちご、ほうれん草、ブロッコリー、豆苗、春菊、アスパラ、おくら等、いろんな野菜に含まれています。

 

葉酸で悪者「ホモシステイン」を退治する!

ホモシステインとは食べ物から摂取したアミノ酸が体内で働くなかで化学変化を起こしてホモシステインになります。

ホモシステインの働き

  1. ホモシステインが脳に活性酸素を出すと活性酸素を浴びた脳の細胞は死んでしまい脳が萎縮します。これがアルツハイマー等の原因と言われています。
  2. 血管に活性酸素を出すと血管が傷つき動脈硬化や脳卒中や心筋梗塞の原因になります。
  3. 骨に活性酸素を出すと骨の細胞が死んでしまい骨がスカスカになり、骨粗しょう症の原因になります。

このホモシステインを退治するのは葉酸だけです!

 

葉酸摂取で目指せ健康長寿!

日本の推奨量は成人男女は240μg、妊婦さんは480μgです。

f:id:apple03m:20180117220315j:image

こちらが約240μgです。

埼玉県の坂戸市では積極的に葉酸を摂取するよう住民の皆さんに働きかけています。

坂戸市では葉酸を1日400μg摂るよう決めています。

アメリカでも1日400μg摂るよう決めているそうです。

世界の81カ国は穀類に法律で葉酸を加えています。
葉酸を加えていない穀類は売ってはいけないそうです。

なぜ日本は240μgかというと貧血が起きない数値だそうです。

認知症等を予防するには1日400μg以上摂取した方が良いそうです。

通常の食べ物から葉酸を摂取する場合は葉酸の摂取量の上限はありません。

f:id:apple03m:20180117220605j:image

アメリカの実験結果です。

葉酸をたくさん摂っている人ほどアルツハイマー病の発症率が低いです。

f:id:apple03m:20180117220617j:image

こちらは日本の実験結果です。

葉酸を多くとっている人は野菜などから葉酸以外のビタミンやその他の栄養素も多くとっていると考えられています。

 

葉酸摂取の注意するポイント

サプリメントは副作用を避けるため、摂取の目安量が指定されています。種類によって飲んでいい量はバラバラです。利用する場合は使用方法を必ず守りましょう。

f:id:apple03m:20180117220656j:image

 

葉酸お手軽摂取方法

日本人の葉酸摂取量は平均で277μgだそうです。
つまり今までの食生活にあと123μg足せ400μgです。
生のほうれん草で約60gです。

葉酸は水に溶けやすいのでブロッコリーは湯がかずに蒸して調理すると葉酸90%を摂取できます。

ほうれん草は炒めると葉酸98%を摂取できます。

蒸したブロッコリーや炒めたほうれん草だといつもの食事に小皿1つ足すだけで400μg達成できます。

f:id:apple03m:20180117220832j:image

安価で買えるおススメ食材

f:id:apple03m:20180117220854j:image

f:id:apple03m:20180117220904j:image

f:id:apple03m:20180117220918j:image

f:id:apple03m:20180117220927j:image

 

最後に

ビタミンMこと葉酸、凄いパワーですね!いつもの食生活に少し足せば400μg摂取出来るようなので簡単ですよね。

豆苗はつい最近、初めて食べたのですが全くクセがなく凄く美味しかったです。

しかも豆苗にはビタミンCやビタミンKも豊富に含まれているのでおススメです。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。